つがる

早生の代表品種といったらやはりこの『つがる』です。

青森県りんご試験場で1930年に『ゴールデンデリシャス』のめしべに『紅玉』の花粉を交配したものの中から選抜された品種です。

実はこの『つがる』という品種がこの名前になったのは1973年からで、その前(1970年)には『青り2号』と呼ばれていました。 その名残か、お隣の韓国ではいまでも『つがる』のことを『アオリ』と読んでいます。

それにこの品種が有名になったのはふるさとの青森県よりも長野県で栽培が盛んになり、特に安曇地区には一大産地ができました。

品種の特徴としては食味は甘さが特徴で、歯ざわりもよく、果実の形は円~長円形です。

栽培面では色が着きにくいという問題点もありましたが、 最近では色が着きやすい系統が発見されてきたことで、この問題も徐々に改善されつつあります。 着色系統に付いてはこちらをごらんください。

コメントを残す