アルツハイマーの予防に1日1個のりんごが効く!?

家の光 平成17年2月号より 

 西洋のことわざに「1日1個のりんごで医者いらず」というのがあるように、昔からりんごの健康に対する効果は広く知られていましたし、 今の新しい様々な効果が報告されています。 

 さて、そんななか、アメリカと韓国の共同研究チームは、マウスによる実験で、 りんごに含まれる「ケルセチン」という物質の高い抗酸化作用によって、アルツハイマー病など痴呆の進行や、 脳細胞の老化などを防ぐ効果が期待されるという結果をまとめました。 

 「まだ人の体内での働きなどを慎重に分析する必要がある」としていますが、 実験結果による目安として「1日1個食べればケルセチンが一定量確保できる」としているのできたいできるのでは。 

コメントを残す