アルプス乙女

この品種は長野県松本市の波多腰邦男氏が1964年(昭和39年)に 「ふじ」と「紅玉」の混植園で成った紅玉の種を撒いたものから育成し選抜した品種で、 1968年(昭和43年)に命名されました。

果実の大きさはピンポン玉くらいで、色はご覧の通り綺麗な赤色。 果肉には蜜が入るものもあり、味は「ふじ」に似ていて美味しいことから、 かつては全日空の機内食に取り上げられたこともあるそうです。 収獲時期は10月中旬から下旬頃。

因みに一般に正月のお供え餅のうえにはみかんをのせると思いますが、我が家ではこのりんごをのせています。 りんご農家ですから。

コメントを残す