ジョナゴールド

ジョナゴールドは、アメリカニューヨーク州農業試験場で、 1943年(昭和18年)に、ゴールデンデリシャスに紅玉を掛け合わせて育成した品種で 1968年(昭和43年)に命名されました。

日本へは1970年(昭和45年)に秋田県果樹試験場によって導入されたのが始まりです。

果実の特徴としては、大きさは350グラム前後、果色は鮮かな赤色、 食味は酸味がやや強く果汁が多いのが特徴です。収獲時期は有袋栽培のものが10月10日頃から、 無袋栽培のものが10月15日頃からです。

この品種のもう一つの特徴として、収穫後果実表面がテカテカした油状のもので覆われることもあり、 消費者のなかには『収穫後ワックスのようなものを果実にかけているのでは?』と思っている人もいるようですが、これはリノール酸といって果実自身が鮮度を保とうと分泌する物質です。 また、このワックス状のものがやや出てきた頃が丁度美味しい食べごろの目安すでもあります。

コメントを残す