セシウム排出に高い効果! すごいぞアップルペクチンのチカラ!

りんごには多種多様な健康効果が確認されていますが、この度すごい効果が明らかになりました。

それはりんごに含まれるアップルペクチンが放射性物質セシウムの排出を促す効果が非常に高いということです。

この効果については、1986年に起きたチェルノブイリ原発事故で被ばくしたシルバースプリング保養地の615人の子供たちに、アップルペクチンが含まれているもの(商品名:ベータペクチン)を16~35日間服用させた臨床報告によると、アップルペクチンを服用したグループでは、21日後の体内セシウム集積量の減少率について調べたところ、食べる前は30.1ベクレルあったものが10.4ベクレルまでと63.6%減少したのに対し、アップルペクチンの服用はせず、汚染していない食べ物だけを食べていたグループでは25.8%までの13.9%の減少にとどまったという結果が出ており、アップルペクチンによるセシウムの除去効果が高いということが確認されております。

この効果については富山医科薬科大学名誉教授 田澤賢次先生がこれまで各地でご講演されておりまして、講演内容をまとめた新聞の記事がございますので、ご希望の方はご連絡いただければ、コピーを郵送いたします。

このアップルペクチンの効果についてですが、かんきつ類に含まれる”シトラスペクチン”や、合成食物繊維と比較すると5倍位も効果が高いことも確認されております。

また、このアップルペクチンは品種によって含有量がことなります。いま確認されている主な品種の含有量は下記表の通りです。

表:品種別ペクチン含有量(%)

品  種ペクチン含有量(%)
王 林1.8
ふ じ1.5
千 秋1.3
陸 奥1.3
ジョナゴールド1.0
紅 玉0.6

ご覧になっていただければお分かりの通り、”王林“という品種に特に多く含まれております。

じつはこの”王林”という品種は、1931年に福島県伊達郡桑折町の大槻只之助氏が種をまき、1943年に初めて実を結び、1952年に「林檎の王様」という意味を込めて命名された福島県生まれの品種なのです。

先の東日本大震災の際に被害を受け、いまなお深刻な問題を抱えている福島第一原発事故では、大変残念なことですが、現地の子供たちの尿からセシウムが検出されたというニュースもありました。そうした被害を受けてしまった方たちや、不安に思っている多くの方たちのためにこの”王林”という品種の生まれ故郷が福島ということになにか強い因縁を感じます。

ちなみにアップルペクチンの効果は次のようなものもあります。

  • 消化器官の構造と機能を維持する。
  • 腸と肝臓の免疫機能を強化する。
  • 肝臓へのガンの転移を抑制する。
  • 最近の血液内への移動を抑制し敗血症のリスクを抑制する。
  • 血液改善効果が期待でき、生活習慣病や合併症の発生を防止する。
  • 医療費のコストの節減に役立つ。

なお、セシウム排出効果を促すのに効果的なのは、皮付きのりんごを1日2個程度、毎日の食生活の中に規則的に取り入れるのが望ましいという事でした!

『食』という人間の生活にとって最も大切な行為の一つに対して、 わたしたちりんご農家が出来ることは、こうしたたくさんの機能性を持ったりんごをより安全にしっかりと作って、皆様に届けることだと思っております。

また、当園では、この王林の売り上げの一部を福島の果樹農家の仲間への義援金としてお送りしたいと考えておりますので、ご理解とご協力いただければ幸甚でございます。

コメントを残す