未希ライフ(みきらいふ)

弘前市石川の工藤清一氏が育成した品種で1981年に『千秋』のめしべに『つがる』の花粉を交配したもののなかから選抜したもので、 1992年に品種登録されました。

この品種の収獲は8月下旬から9月上旬にかけてで、早生品種としては果汁と酸味があり爽やかな食味が魅力で、 形はちょっと偏平の円形です。

さてこの品種の名前の由来ですが、1986年、津軽を舞台にしたNHKテレビ連続大河ドラマ「いのち」で三田佳子さんが務めた主役 高原未希ドラマ名の「いのち」に由来するもので、 「りんごの未来に希望を」という願いが込められているということです。

この品種の栽培上の欠点としてはツルもとに「ツル割れ」(下の写真)が出やすいということです。

 

ツル割れについてはこちらをご覧ください。

コメントを残す