「小沢一郎」入門

(森田 実著、三笠書房)

参議院戦での民主党の大躍進の仕掛け人、小沢一郎さんに興味を持ったので読んでみました。

正直、かなり”小沢寄り、小泉嫌い”のような内容です。 が、いままで小沢さんに持っていたイメージとはだいぶ違う様な面もあって、 かってにちょっと親近感が湧いた気がします。

無所属の私としては小沢さんがどうの民主党がどうのというのではなく、 やはり大きく事を動かすためには一般の人たちの声を良く聞き、 礼を尽くすなど地道な活動が大切なのだと改めて気づかされました。

コメントを残す