おもしろくて、ありがたい

(池波 正太郎著、PHP研究所)

「鬼平犯科帳」や「真田太平記」などの著書で有名な、作家池波正太郎氏が数多くある自分の著書の中に残した言葉のなかから、 選りすぐりの292の言葉を集めた一冊。

なかでは、人間という生き方やリーダーの条件、世間というもの、男と女の勘違い、 家族の風景などといった10のテーマ別に味のある言葉が収められています。 この本を読み終えた感想は「おもしろくて、ありがたい」です。

コメントを残す