これから10年生き方の発見―大転換期を生きる指針

(船井 幸雄著、サンマーク出版)

1992年6月に初版となった本です。初版から10数年、 はたして著者のヨミ通りになったのかという思いもあって読んで見ました。

著者はこの本のまえがきで、「西暦2000年の初頭くらいまで、 地球や地球人に大変化が押し寄せてくるように思えてなりません」と書いてありましたが、 ちょっと当たっているような感じもします。それ以上に、近頃のほうが異常気象や鳥インフルエンザ、 サーズ、数多くのアレルギー症状など深刻さを増しています。 それこそ、これからの10年をもっと真剣に捉えていかなくてはなりませんね。

コメントを残す