りんご一つにあと20円多く払えば東北の農業は復興する

((株)ナチュラルアート代表取締役 鈴木誠著、講談社)

タイトルに”りんご”の文字があったので読んでみました。前半部分は実に具体的にいまの東北農業の現状と課題が取り上げられていました。後半部分については、企業家ならではのお考えかなと思いました。

とにかく著者の言う通りりんごがあと一つ20円高く売れれば生産者の経営は格段に改善されるでしょう。ただ高く売れても消費者と生産者の間にあるJAや市場、スーパー、運送屋等の中間搾取が多すぎるのが問題なのです。

ですからタイトルはの頭に”農家に”を加えるといいんじゃないかなと思います。

コメントを残す