トーキョー放浪記

(山田 スイッチ著、光文社)

著者は青森県在住のコラムニストで、地元地方紙にもエッセイを寄せるなど活躍中。
本の内容は東京で出会った人たちを通じておきた様々なドタバタ劇で、とにかく落ち着きのない、 一般常識では考えられない彼女なりの常識の元の行動がとにかく面白いです。
ネットで彼女の本の感想についてのブログを読んでみると賛否両論。 「文脈もあちこちに飛んで、まるで砂利道のよう」と評している人もいましたが。 私は彼女の本はおすすめです。つかみ所のない彼女の行動にも、 たまに何か光るものを感じることが出来る一冊です。
最近砂利道ってないじゃないですか。たまには砂利道もいいもんですよ。
彼女の「しあわせスイッチ」も面白かったですよ。

コメントを残す