バカの壁

(養老孟司著、新潮新書)

バカには理解できなかった「バカの壁」

今更ながらですが、養老 孟司さんの「バカの壁」を読みました。 いまだに売れ続けている200万部のベストセラーだとか・・・
近所の本屋さんでも一番目立つところに置かれていたので、思わず買って読みました。 私は居間、枕元、トイレ、お風呂などにそれぞれ本を置いて一度に3~5冊くらいの本を 読んでいるのですが、どうやらこの本は頭に入ってこない!
読みながら改めて自分のバカさ加減を再認識することに。 200万人もの人がこの本を読んで理解し、面白いと思ったのだとしたらまさに私は「バカの壁」にぶつかって しまった!
はっきり行ってよく分からん!!もう少し賢くなったらもう一度読んでみるべ!

コメントを残す