プロ論。

(B-ing編集部編、徳間書店)

この本は「Bーing」(株式会社リクルート刊行)に掲載された 「巻頭インタビュー21世紀を働く」の内容を紹介したものなそうですが、とにかく読んでて面白い!
 楽天の三木谷社長や日産自動車のカルロス・ゴーン社長など各界で活躍中の50人の 著名人のインタビュー内容が紹介されています。仕事なんかに行き詰ったときや、 気分転換、モチベーションを高めたい時なんかに読むことをお勧めします。
 なかでも私がグッときた言葉は、元内閣安全保障室長で浅間山荘事件でも有名な佐々淳之氏の 「危機管理の基本は悲観的に準備し楽観的に対処すること」です。
 りんごのプロを目指す私としては、台風などの自然災害や様々な問題に対する心構えを問われるような言葉でしたね。
 きっと皆さんも心に響く言葉があるはず。ご一読を!!

コメントを残す