レボリューション

(須藤 元気著、講談社)

須藤元気さんが、アルゼンチン、チリ、ペルー、コロンビア、ベネズエラ、メキシコなど中南米を旅した旅行記です。

元気さんが格闘技選手だったとき、背中に入れた翼のタトゥー、ちょっとナスカの地上絵のようだなと思っていたら、 やっぱり何かあるらしい。詳しくは本を読んでみてください。

それにしても須藤さんの本をといつもすごくいい格言に出合えます。 今回は『行動しよう。恐れるものは何もない』でした。

コメントを残す