下坐に生きる

(神渡 良平著、致知出版社)

ある本を読んで柔道の金メダリスト山下泰裕さんが絶賛していたので、読んでみました。

感想は一言でとてもいいつくせるものではありません。最近読んだ中で一番感動し、刺激を受けました。 同書で紹介されている「内観」を通じて、なぜこの世に生きているのかを改めて見つめなおすことの大切さを感じました。人生観も変わる一冊です。

コメントを残す