季刊地域 現代農業2010年5月増刊号

(農文協)

農産物のデフレ問題を取り上げた内容でした。
一個の柿の農家に入る手取価格は20円とか、米農家の労働力を時給に換算すると179円とかとんでもない数字が目につきます。りんごも似たようなものですが…

そんななかでも、自分たちが作った米をおにぎりにして販売しているグループの方が言った『デフレだらといって安売りしたらわれわれの存在自体の否定です』という言葉には勇気をもらいました。

コメントを残す