新「地域」ブランド戦略 合併後の市町村の取り組み

(関 満博 日本都市センター 編、日経広告研究所)

本書は平成の大合併によって新しくなった市町村が、 活性化のために地域ブランドを掘り起こしたり新たに作り出したりした事例などが紹介されています。 新たな商品やブランドを作るためだけでなく、それを売り込むにはどのような経緯を辿っていったのか。 また、合併によって消えた地域の名前を商品に残すことの意義などが紹介されていました。

コメントを残す