新・堕落論 我欲と天罰

(石原慎太郎著、新潮文庫)

氏曰く、日本への遺書としたとしていますが、原発や増税、拉致問題、核など言い難いことやマスコミや政治家がこぞって意味もなく保身のために騒ぎ立てたくなく材料に、ズバリはっきりモノ申す彼の腹の据わった姿勢はいまの多くの政治家には見られません。

時には過激ともいわれる氏の発言ですが、言葉尻だけをとらえる浅はかさは見直し、真にこの国のあり方を考えなければならないときですね。

コメントを残す