日本よ、勁き国となれ―論戦2007

(櫻井 よしこ著、ダイヤモンド社)

ニュースキャスターの頃から、櫻井さんの鋭い切り口には惹かれることがありました。 特に、激論番組でも大物と呼ばれる人たちを相手に、実に冷静にそして厳しく対応する姿には、 なんだか誇らしささえ感じます。

そんな櫻井さんの本を始めて読んでみました。今日本が抱えているさまざまな問題。 特に中国をはじめとした外交問題については、そうなってんの?このままじゃかなりマズイ!とかいろいろ考えさせられました。

頼りないおじさん達よりも櫻井さんのような人が大臣にでもなってほしいものです。

コメントを残す