暦のからくり―過去から学ぶ人生の道しるべ

(岡田 芳朗著、はまの出版)

農業にたずさわっていると、野菜の苗を植えつけたりするときに、 お年寄りはよく「まだ旧の何月何日だから」とか旧暦のことを話しています。 場合によっては大変参考になることもあるので『暦』に興味を持って読んでみました。

予想した内容とは少し違っていましたが、暦がどのように作られてきたか、 十干十二支や七曜というのはどのように生まれてきたのか、一白水星とかいうのはなんなのか、 暦がどのように使われてきたか、閏月(うるうつき)ってなにかなどが紹介されています。 暦は奥が深いです。

コメントを残す