死にたくなったら、これを読め!

(島田洋七著、潮出版社)

震災後、閉そく感がある中で、どのように物事をとらえるか、考えるかでこんなにも違う展望に気づくということが明るく楽しく分かる一冊です。

コメントを残す