沈まないトマト―食の堕落で日本が危ない

(小泉 武夫 永山 久夫 勝見 洋一著、ジュリアン)

皆さん今の日本の食糧自給率って知っていますか?なんと平成12年現在でたった39%なんですよ! 先進国で自給率が100%をきっている数少ない国で、そのうちでも自給率が低下し続けているのは日本くらいのものです。 そんな日本の食を通じての様々な問題が指摘されている一冊です。
特に小泉武夫先生が執筆された内容については、学校の授業でも取り入れていただきたいと思いました。 ファストフードの広がりとともに発病し始めた「クローン病」や少子化の原因になっているとも思われる 亜鉛不足などについて詳しく分かりやすく書かれています。
同氏曰く、「不完全な食べ物を食べるということは、すなわち不完全な人間になる」 「食べ物が作れない国が自立していくのは難しい」。まさにそのとおりではないでしょうか。

コメントを残す