西郷隆盛人間学 道をひらく言葉 (神渡 良平著、致知出版社)

ちかごろなぜだか西郷さんに惹かれています。それに以前、神渡良平氏の本を読んだことがありましたが、 その時の内容の深さ、素晴らしさ大きな感銘を受けたこともあり、 同氏が西郷さんのことについて書いた本というのであれば、必読す […]

知命と立命 人間学講話 (安岡 正篤著、プレジデント社)

東洋思想家・東洋古典研究家として軍部やや革新官僚などに影響を与えたが、安岡自身は政治の表舞台に出ることを好まず、 その生涯の多くは東洋古典の研究と人材育成に捧げられたという。 安岡を師と仰いだとして知られる政治家には吉田 […]

喜びは悲しみのあとに (上原 隆著、幻冬舎)

著者の上原さんとは、今年(平成20年)8月にりんご農家の実情について わたしを取材に来てくれたことをきっかけにお付き合いさせていただいています。 そのときに上原さんから頂戴した本を読んでから、彼の不思議な感じの本にはまっ […]

友がみな我よりえらく見える日は (上原 隆著、幻冬舎)

著者の上原さんとは、今年(平成20年)8月にりんご農家の実情について わたしを取材に来てくれたことをきっかけにお付き合いさせていただいています。 そのときに上原さんから頂戴した本を読んでから、彼の不思議な感じの本にはまっ […]