絶景! 残雪と新緑の八甲田

5月1日、仕事の都合で青森県の南部地方に行ってきました。

その際に黒石市から温泉で有名な酸ヶ湯を経由していったのですが、八甲田周辺の景色が実にすばらしかった!年に数回通る道ですが、秋の紅葉シーズンも綺麗なんですが、私は今の時期がベストだと思います。

写真は八甲田ルートの景勝地のひとつ『睡蓮沼』のあたりから望む八甲田連峰です。手前の樹が倒れたり枝が折れているのは今年の記録的な豪雪の爪あとです。

 

上路式アーチ橋としては日本一の長さを誇り平成7年10月27日に開通した「城ケ倉大橋」です。津軽と南部を結ぶ国道394号線(黒石と酸ヶ湯の間)の最大の難所だった城ケ倉渓谷をひとまたぎするこの橋は、谷底までの高さも122mあり、四季を通して八甲田山系の絶景も楽しむことができます。

 

まだ根元に残った雪と新緑の組み合わせは抜群。この道を通るだけで自然のパワーの強さをもらえたような気になります。

 

睡蓮沼から十和田方面に向かう途中で撮った写真ですが、とにかく新緑がまぶしい!

コメントを残す